事例 製品

OptStock Suite 最適在庫戦略ソリューション

機能

OptStock Suiteは在庫問題を解決する3つのパッケージ『OptStock/RFM』、『OptStock/INV』、『OptStock/LOG』から構成されています。これらを利用することで、より強力な在庫管理が可能となります。

需要トレンド分析 OptStock/RFM OptStock RFMイメージ

品目毎の在庫管理方式や発注の見直し検討のための判断材料に
OptStock RFM分析 OptStock/RFMでは、取り扱っている品目の需要特性を分析し、品目毎に適した在庫管理方式の決定を支援します。

インプット:

品目毎の需要データ

アウトプット:

RFM分析(*)による品目毎の分類結果


*RFM分析…最終需要時期(Recency)、需要頻度(Frequency)、需要量(Monetary)の側面から、品目の需要特性を分析する手法です。

最適発注点決定 OptStock/INV OptStock INVイメージ

精度の高い発注点を決定できるからこそ、より正確な在庫量を持つことが可能に
OptStock INV分析 品目毎の需要データに基づいて、最適な分布形を自動で当てはめながら最適発注点(安全在庫量)を算出します。 不定期定量での発注品目に適しています。

インプット:

品目毎の需要データ、リードタイム

アウトプット:

品目毎の発注時期の算出


最適発注量決定 OptStock/LOG OptStock LOGイメージ

直近の需要動向を考慮して、適正な発注量算出が可能に
OptStock LOG分析 品目の出荷情報(実需要・入荷情報)から、発注量(入荷量)を決定します。

インプット:

品目の入荷情報、出荷情報、発注サイクル

アウトプット:

品目の発注量(定期不定量発注)


お問合せ画面
Webフォーム入力