事例 製品

FACTOR/AIM 生産物流シミュレーター

機能

■プログラムレスでのモデル作成

アイコンで簡単操作

FACTORAIM画面イメージ

モデル構築は、アイコンの配置とメニュー操作で対応しています。
機械や作業者などを表すアイコンを画面に配置して、メニューから表示されるダイアログに 作業手順を入力することにより、モデルが定義できます。
特別に複雑なロジックを必要とする場合には、AIMステータス関数とC言語インターフェースで対応しています。

アニメーションの作成は、モデル定義の際のアイコン配置で完了しています。特別な作業は一切ありません。
モデル定義後、すぐにアニメーションが動き出します。
アニメーションで動きを視覚的に確認しながら、モデル構築を進めることができます。
アイコンや背景にビットマップデータを取り込むことにより、リアルな画面でのプレゼンテーションを実現します。

製品の"流れ"を定義

工程分析図と同じようにモデルを作成することできます。また、多品種が混流するモデルもを作ることも可能です。

FACTORAIM モデル作成イメージ


工場部品を組み合わせるだけで製造工程の定義が可能

工程を表現するための"雛形"が用意されているので、現場を知る人が十分に使いこなせます。

FACTORAIM モデル工程イメージ
  • 組み立て工程
  • バッチ工程
  • 検査工程
  • 次工程の選択 …など

モデルを表現するための構成要素を豊富に準備

  • 工程、オーダ、シフト
  • 機械、仕掛かり置場、資材
  • 作業員、治具、保持具
  • 生産品目、バッチ化
  • 仕掛かりロット、資源グループ …など

■マテハン機能

マテハン・システムを含んだシミュレーション分析

AGV(無人搬送台車)、フォークリフト、コンベア、クレーンといった マテハン・システムを含んだシミュレーション分析において、FACTOR/AIMは特にその威力を発揮します。
画面上で出発点と目的点を指定するだけで、

FACTORAIM マテハン機能
  • 出発点まで迎えに行く
  • 最短経路を選択して目的地まで運搬する
  • 最寄りの駐車スペースにて待機する

という一連の運搬作業をシミュレーションできます。また渋滞による遅延も考慮できます。
その他にも、車両台数、車両速度、荷役時間、通路の追加、追突・衝突防止、一方通行路の設定、経路選択戦略なども メニューからワンタッチで変更できます。

■出力機能

シミュレーション結果をグラフ、レポート、ガントチャートで表示

FACTORAIM 出力機能

シミュレーション結果をグラフ、レポート、ガントチャートで表示します。
グラフは2次元や3次元のグラフで表示できます。グラフタイプとしては、 棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフが提供されています。
複数ケースの結果を同時に表示するので、比較検討に効果的です。
詳細な数値データの検討にはレポート表示機能が便利です。
レポートを外部ファイルに保存することも可能です。
ガントチャート表示は、作業の流れ、タイミング、待ちの発生原因を視覚的に明らかにします。

お問合せ画面
Webフォーム入力