HOME > サービス > 補強設計

補強設計

弊社では設計事務所としての経験を生かして、その建物とお客様にとって最適の改修工法をご提案してまいりました。特に制振工法や免震工法には新築の設計においても早くから取り組んでおり、数多くの実績があります。

補強設計のポイント

既存建物の補強設計は、耐震性能の低い建物を高い建物に改善するために行います。しかし、改修工事後に使用しにくいまたは使用できない建物になってしまっては意味がありません。様々な観点から検討し、利用状態に支障のない範囲で最適な補強工法を採用することが大切です。補強する建物の用途、機能、施工難易度およびコストを総合的に検討し、使用する補強部材、工法を選びます。

補強部材の代表例

最適な補強工法の選定

補強工法は、大きくわけて次の4つがあります。

建物の頑丈さを上げる方法

鉄筋コンクリートの壁や鉄骨ブレースを設けて建物の強度を向上させます。

粘り強さを上げる方法

もろく壊れると診断された柱に鋼板や炭素繊維を巻き、建物の粘り強さを向上させます。

バランスを改善する方法

壁が偏って配置されている建物に対して壁などを新設してバランスを改善し、より大きな地震に耐えられるようにします。

地震力を低減する方法

地震エネルギーを吸収する装置を建物に設置し、建物に加わる地震の揺れ自体を小さくします。制振装置を組み込んだり、建物の基礎部分を免震構造にすることで実現します。

事例:外付け鉄骨ブレースによる耐震補強

外付け鉄骨ブレースによる耐震補強の事例です。

外付け鉄骨ブレースによる耐震改修例

外付け鉄骨ブレースによる耐震補強

事例:制振装置(オイルダンパー)による耐震補強

本事例は、会津田島合同庁舎です。剛性・耐力が劣る桁行方向の外部側からODBシステムによる増築補強。居抜き工事の実現により、工事中の内部執務者への負担を軽減しています。

会津田島合同庁舎 制振装置(オイルダンパー)による改修例(補強前)

補強前

会津田島合同庁舎 制振装置(オイルダンパー)による改修例(補強後)

補強後


  • 設計時期:1999
  • 主要用途:事務所
  • 建物高さ:4階
  • 延床面積:3400 m2
  • 制震装置:ODBシステム ダンパー本数=48本

事例:免震装置による耐震補強

免震装置による耐震補強の事例です。

免震装置による耐震補強
免震装置による耐震補強事例 図面1 免震装置による耐震補強事例 図面2 免震装置による耐震補強事例 図面3

免震装置による耐震補強

受賞実績:立教大学第1食堂 「BELCA賞ベストリフォーム部門」

弊社が構造設計を担当し、「BELCA賞ベストリフォーム部門」を受賞した物件です。選考委員からは、「本物件は、保存に止まらないリフォームの実施例で、今回のリフォームにより、姿は原型に再現され、機能は現代に蘇生された。」との高い評価をいただきました。

立教大学第1食堂 外観

立教大学第1食堂 外観


建物概要

  • 所在地:東京都豊島区西池袋3-34-1
  • 竣工:1918 年
  • 改修:2002 年
  • 用途:学生食堂(改修前後とも)
  • 所有者:学校法人 立教学院
  • 意匠設計:立教大学管財部施設課、株式会社坂倉建築研究所
  • 構造設計:株式会社構造計画研究所
  • 設備設計:株式会社森村設計
  • 施工:清水建設株式会社
  • 敷地面積:54,974.66 m2(キャンパス全体)
  • 建築面積:779.14 m2
  • 延床面積:998.43 m2
  • 階数:地上2階
  • 構造:既存-レンガ組積造(壁内鉄筋コンクリート柱梁)、木造小屋組
  • 建替:鉄筋コンクリート造
  • 工期:2001年5月~2002年1月

補強部材が目立つあまり、伝統的な第1食堂の雰囲気が損なわれてしまうことが無いよう、過去に前例の無い、特殊な補強方法(煉瓦の既存建物をコンクリートの建替え建物で支える方法)を採用しています。外部に煉瓦、内部に漆喰をまとった壁面は、既存木製梁や最小限付加された鋼材、地中梁によって建替え建物と結びついています。

財団法人日本建築防災協会の審議においては安全性の向上について、特に慎重なご指導を頂きました。

その他の補強設計実績

  • 阻尼器在台灣實績
  • 台北市政府捷運工程局
  • 会津田島合同庁舎
    (RC造地上4階/OBDによる制振補強 1999年改修)
  • 九段北宿舎改修
    (RC+SRC造地上11階地下1階/免震レトロフィット 2001年改修)
  • 國學院大学久我山中学高等学校本館
    (RC造地上4階/枠付鉄骨ブレース 2002年改修)
  • 日本工業大学
    (RC造地上3階枠付鉄骨ブレース価協架橋増設 2002年改修)
  • 舞鶴港湾合同庁舎
    (RC造地上6階/外側鉄骨ブレース直付 2002年改修)

ビル・マンションの耐震診断・補強相談窓口

相談をご希望の方は、こちらの入力フォームにご記入ください。または以下の内容を可能な範囲でご記入の上メールにてお送りください。弊社専門技術者が、3営業日内に誠意を持って回答させて頂きます。

対象建物に関する情報

  • ご相談内容(耐震診断、耐震改修、建て替え 等)
  • 建物の用途(自社ビル、貸しビル、分譲マンション、賃貸マンション 等)
  • 建物の規模(階数、延べ床面積、戸数 等)
  • 構造種別(RC造、S造等、SRC造 等)
  • 竣工時期
  • 図面の有無(意匠図のみ、構造図のみ、不明 等)

お客様に関する情報

  • お名前
  • 対象建物とのご関係(オーナー、テナント、住人 等)
  • ご所属(企業名、○○管理組合 等)
  • ご連絡先(電話番号、メールアドレス 等)

送付先

「ビル・マンションの診断・補強相談窓口」(担当:井上、中村)
TEL : (03)5342-1026 (代表)
E-mail : shindan-madoguchi@kke.co.jp

↑ページの先頭へ