ロジスティクス×IT×最適化

ロジスティクス×IT×最適化

当社の強み

ITと数理最適化技術で効率的なロジスティクスを構築

目巡るしい環境変化を乗り越えていけるロジスティクスの達成には適切なIT活用が必要不可欠になっています。私たちは、数理最適化とシミュレーションの技術を駆使し、効率的なロジスティクスを目指すあらゆる産業のお客様に最先端のソリューションを提供いたします。

こうしたお悩みはございませんか?

    製造・生産

    製造・生産

  • 各工程の人員配置を最適化して人件費を抑制したい
  • 製造機器のメンテナンス計画を立てるのが難しくて大変
  • 検査に必要なスキルを持った人材が足りない
  • 需要を見越した生産計画を立てたい
    積付け・配送

    積付け・配送

  • 荷姿が定まらず積載効率が悪化している
  • 満載で出発しても帰り荷がなくてもったいない
  • ベテランが時間をかけて配車組みするのが当たり前
  • ドライバーも喜ぶ動態管理を導入したい
    物流拠点配置

    物流拠点配置

  • BCPとして災害リスクを考慮した拠点配置を考えたい
  • 倉庫や拠点を効果的に統廃合したい
  • 一部の配送エリアが重複していて効率が悪い
  • 既存倉庫の増強で小さい倉庫をできるだけ減らしたい
    在庫管理

    在庫管理

  • 過剰在庫もこまるが、在庫が切れるのも困る
  • いつ、何を、どれだけ発注するかがベテラン担当者任せ
  • もっとリアルタイムに在庫管理したい
  • 適切な在庫管理と言われてももうやり尽くした感がある

ロジスティクスソリューション対象領域

対象領域

依然として多くの企業では、物流業務における「計画」の立案や「戦略」的な判断(たとえば、需要予測と生産スケジュール、物流拠点・製造拠点の配置や安全在庫量決定、貨物の積み付け、輸配送の配車など)を、ベテラン担当者の経験と表計算ソフトなどによる手作業に頼らざるを得ない現状が散見されます。
構造計画研究所では、「意思決定の最適化」をテーマに、シミュレーション・数理最適化技術などの工学的アプローチにより、属人的な作業プロセスを解消し、ロジスティクス全体の効率化と最適化による物流改革をサポートいたします。

数理最適化技術とITによる問題解決なら、構造計画研究所

構造計画研究所では、これまでにオペレーションズ・リサーチの分野で培ってきた数理最適化の実業務への適用に関する知見と、クライアント企業様へのヒアリング・現地調査から得た現場に蓄積された様々なデータや運用ノウハウに基づき、各クライアント企業様の物流戦略と運用の実態に寄り添ったソリューションをご提案いたします。

私たちは、お客様が抱える課題や漠然としたお悩み、不安、疑問点などをお聞かせいただける時間を大切に考えています。 まずはお気軽に、ご相談ください。

  • 詳しい資料のご請求
  • ソリューションへのご質問
  • システム導入のご相談など

TOP