密集・密接対策のための混雑計測

  1. ホーム
  2. >
  3. 密集・密接対策のための混雑計測

密集・密接対策のための混雑計測
~新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』への対応のために~


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応で、新しい生活様式の実践が推奨され、3密回避や身体的距離(ソーシャルディスタンス)の確保などが求められています。Withコロナ / Afterコロナの社会では、店舗やオフィスなどの多数の人が集まる空間において、混雑状況の把握や人と人との距離を確保する必要性が高まります。

センサーを活用して混雑状況など人の動きを計測することで、繁閑に応じたオペレーションの実現、混雑情報配信により行動変容を促します。

サービス例

  • 空間内の滞在人数計測
  • 待ち行列の状況把握(人数、間隔、等)
  • 混雑状況の評価(閾値による段階表示)
  • 混雑情報のメール、アプリやWebサイトなどへの配信
  • 他センサー・システムとの連携(サーモセンサー、サイネージなど)

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連ソリューション

クラウド型 人数カウントシステム『ピープルカウンター』

「今」を知って「次」を考える。ピープルカウンターは確かな精度で、施設や店舗の状況を把握します。

ピープルカウンター

鍵もスマホもいらないWi-Fi型スマートロック『RemoteLOCK』

入室管理・セキュリティ、すべてをオンラインに。非対面・非接触での運用を実現します。

RemoteLOCK

大規模施設3次元デジタル化ソリューション『NavVis』

屋内空間を3Dモデリングすることで、オンラインでの現場確認を可能にします。

NavVis
  • People Counter
  • 各種お問い合わせ先