HOME > ソフトウェア > Air-design for Windows

熱流体解析

Air-design for Windows

大気質評価システム

作画処理(ベクトル・フリンジ表示例):レインボーブリッジ渋滞時、橋の上の自動車からの排気ガス拡散

作画処理(ベクトル・フリンジ表示例):レインボーブリッジ渋滞時、橋の上の自動車からの排気ガス拡散

Air-design for Windowsは、街区の温熱環境及び大気質の評価を、モデルの入力から計算・評価に至るまで、数値シミュレーションを利用して一貫して行う統合システムです。

特長

街区の温熱環境及び大気質の評価を迅速にかつ精度よく検討できます。

  • 地図情報(ビットマップファイル)の読み込み可能
  • 2D or 3Dによる確認表示
  • 多彩なカラー表示
  • 自動メッシュ分割機能
  • GUI操作によるメッシュの範囲分割や追加・削除が可能
  • 簡単な計算条件設定
  • GUI操作によるベクトル・コンタ表示
  • 出力図のプリンタ出力及びファイル出力
  • ファイル出力した図は、ワープロ編集可能
作画処理(コンタ表示例):建物からの廃熱による温度分布

作画処理(コンタ表示例):建物からの廃熱による温度分布

計算対象モデル

計算対象モデル

機能概要

案件管理部

  • 案件の登録・修正・削除機能。

形状入力

  • 地図情報のスキャナー(BMP)読み込み。
  • 地形、建物データの入力・削除。3D確認表示機能。

メッシュ分割部

  • 自動メッシュ分割機能。既存メッシュの範囲分割・削除。
  • 2D or 3D確認表示機能。

計算部

  • 計算風向、流入風速、熱源・汚染物質濃度発生などの条件の簡易設定。
  • 本格的な3次元流動解析プログラム。

作画処理部

  • 風速ベクトル表示。
  • 風速度・温度・濃度のフリンジ、コンタ、等値面など、多彩なビジュアル表示。

用途

  • 環境アセスメント
  • 都市計画
  • ヒートアイランド現象の緩和効果検討
  • 自動車排ガス拡散
  • 煙突高さの変化による影響評価
  • 近隣説明

動作環境

対応機種 IBM PC/AT互換機
対応OS Microsoft Windows Vista(SP1) / 7 / 8 日本語版 ※1
CPU intel Pentium 200MHz以上(Pentium II以上を推奨)
必要メモリ 64MB以上(128MB以上を推奨)
必要ディスク 50MB以上(500MB以上を推奨)※

計算ケース数、計算モデルにより異なります。

※1 Windows Vistaは32bit版Business のみ、Windows7は32/64bit版Professionalのみ、Windows8は32/64bit版Proのみ動作を確認しております。

↑ページの先頭へ