HOME > サービス > 騒音評価

騒音評価

騒音の伝播状況を3次元的に計算し、その伝播状況を可視化することが可能です。これらの結果を使って音環境の評価や騒音対策の立案が可能です。

音源の設定と伝播計算

騒音源の発生周波数や大きさを決定します。対象領域内の障害物をモデル化することにより、音の反射や回折を考慮したシミュレーションが可能となります。計算領域の境界では、音が透過する条件を設定する事も可能です。

計算方法と可視化

対象領域を差分格子で分割し、音の伝播過程を時間依存問題として計算します。計算結果を音圧分布として表示することにより、騒音の伝播過程を可視化する事が可能です。アニメーション表示を行えば、さらにその状況が分かりやすくなります。

受託事例

3次元音波伝播シミュレーション

屋外:音伝播シミュレーション圧力分布

屋外:音伝播シミュレーション圧力分布

屋内:音伝播シミュレーション圧力分布

屋内:音伝播シミュレーション圧力分布

↑ページの先頭へ