HOME > サービス > 環境震動の影響評価

環境振動の影響評価

環境振動としては、自動車や列車の走行時に発生する交通振動、工場での大型機械稼動時に発生する機械振動、建物内部で発生する歩行時の床振動などが上げられます。近年、高速・大量輸送に適応するため、道路の拡張や列車の高速化が行われるに従い、幹線道路の沿道や鉄道沿線に近接する住居からの苦情などが多くなる傾向にあります。

弊社では、これまで培ってきた地盤と構造物の相互作用解析のノウハウを基にして、環境振動の影響評価を解析的に検討しております。解析手法としては、二次元FEM(2.5次元FEM)や三次元FEM、三次元FEM+薄層要素のハイブリッド等を用いています。解析モデルとしては、トレンチや防振壁、地盤改良等をモデルに取り込むことで、防振対策工の効果の検討を行います。

解析事例

鋼矢板による防振対策効果:鉛直振動

防振対策なし

防振対策なし

防振対策あり

防振対策あり

関連ソフトウェア

↑ページの先頭へ