HOME > サービス > 河川氾濫解析

河川氾濫解析

集中豪雨による都市洪水などの被害を予測し対策することが求められてきています。

構造計画研究所では、従来から蓄積してきました流体問題の解析技術を基に、数値シミュレーションによる河川氾濫解析コンサルティングサービスを手がけてまいりました。豊富なコンサルティング実績を誇る解析スタッフが問題解決を強力にサポートします。

ご利用例

  • 都市の防災計画の策定支援
  • ハザードマップの作成
  • 企業の事業継続計画(BCP)策定のためのリスク評価
  • 地域住民の避難計画の策定支援

受託事例

都市洪水シミュレーション

本事例は、熊本大学工学部社会環境工学科との共同プロジェクトです。

河川氾濫個所と流量を指定し、土地の形状、土地利用を考慮した河川の氾濫状況を時系列にシミュレーションした事例です。

水の流れ

水の流れ
[+] アニメーション表示

水深

水深
[+] アニメーション表示


鳥瞰モデル

鳥瞰モデル
[+] アニメーション表示

迫ってくる水

迫ってくる水
[+] アニメーション表示


破堤部分

破堤部分
[+] アニメーション表示



避難シミュレーション

計算した時系列の氾濫状況において、地域住民が避難場所に逃げることができるのか、またどの様にすればスムーズに避難できるのかを検討し、避難計画の作成支援を行います。

一時避難場所の位置、誘導の有無などの設定が可能です。河川氾濫解析と避難シミュレーションを組み合わせることで、現状の状況(災害リスク)や課題を認識し、避難所の配置効果検証や避難計画の策定などに利用することが可能です。

  • 洪水発生時の場所ごとの水深、流速の状況を河川氾濫解析により評価
  • マルチエージェントシミュレーションにより個々人の避難行動を再現
  • 時系列での避難状況と被害状況の評価
  • 避難所までの避難行動の評価
河川氾濫解析と避難シミュレーション

河川氾濫解析と避難シミュレーション
[+] アニメーション表示

関連ソフトウェア

↑ページの先頭へ