HOME > サービス > 浸水予測

浸水予測

近年のゲリラ豪雨という言葉が使われるようになり、急激な降雨量の増加による道路の冠水や地下街の浸水被害が発生しています。地域の地形や降雨の状況を考慮したシミュレーションを実施する事により、浸水箇所や浸水深の予測が可能となります。

降雨量の決定

過去に発生した降雨データや、地域の計画降雨量などを参考にシミュレーションを実施する降雨量を決定します。気象庁などで公表される予測雨量などを利用すれば、これから発生する浸水予測にも適用可能です。

地形の考慮

国土地理院から公開されている標高データなどを用いて、シミュレーション対象の地形を考慮します。降雨により地上に発生した雨量は、低地へと流下していく過程が計算されます。対象地域の土地利用区分などから粗度や浸透率を考慮し、より精度の高い計算を実施する事も可能です。

適用事例

集中豪雨による浸水予測

100mm/hrの降雨が発生した場合の浸水を予測しました。

計算結果60分後(浸水深20cm以上)

計算結果60分後(浸水深20cm以上)

浸水深分布図(降雨強度 100mm/hr)

浸水深分布図(降雨強度 100mm/hr)

↑ページの先頭へ