HOME > サービス > 設備の被害想定と対策

設備の被害想定と対策

多発する設備被害による事業停止

地震で建物は無事でも、設備・収容物に被害があると事業は止まってしまいます。

事業継続のための設備の被害把握
  • BCPの前提は、設備や製品・在庫が無事であること。
  • 震度が小さい場合でも、ラックの荷物落下とそれに伴う事業停止が発生します。
実施した地震対策の効果検証
  • 被害の原因が分かると打つべき対策が分かります。
  • 落下/転倒防止策が有効かどうか検証できていますか?
内部設備対策の自社基準の策定
  • 安全・BC対策を実施するために目標となる定量的な基準作りを 専門的知見からサポートします。

地震時の設備被害の推定方法

  • 建物の各階の揺れ、そこからくる設備の揺れを評価することで、地震時の建物内の設備の被害状況を推定します。
  • 専門的な知見から、検討すべき地震を選定・ご提案します。
設備被害の推定方法

アウトプットイメージ

  • 想定する地震ごとに、設備への影響度合いを推定。
  • 重要設備のほか、配管や天井など建物内部を対象に、起こり得る被害状況の全体像を把握できます。
  • 漠然とした「被災」のイメージが具体的になり、事前に実施すべき対策案を協議するうえで有効な資料として活用いただけます。
アウトプットイメージ

より詳細な検証

  • 個別の設備(ラック等)について、より詳細なシミュレーションを行うことで有効な対策の検討や効果検証が可能です。
詳細なシミュレーションのイメージ

詳細検討事例

↑ページの先頭へ