HOME > イベント > [展示会]ものづくりNEXT↑2014 メンテナンス・テクノショー

イベント

開催予定セミナー

過去開催セミナー

  • 2014.7.16~18
    第8回オフィス防災EXPO
別ウィンドウで開きます


第8回オフィス防災EXPO に出展します。

開催概要

会 期 2014年7月16日(水)~18日(金)10:00~17:00
会 場 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
主 催 リード エグジビション ジャパン 株式会社
出展内容 ■災害リスク評価コンサルティングサービス
戦略的なBCP(事業継続計画)と補強投資計画を決めるには、どの災害に対し備え、その時に建物にどのような被害が発生するのか具体的なイメージで知ることが重要です。しかし、公開情報や耐震診断等では、細かい被害状況が分からず、投資に対する効果が良く分からないとの声を良く聞きます。
本サービスでは、考慮すべき各種要因(発生確率、地盤、構造、年代、内部設備)を基に解析、工学的に根拠のある被害想定をレポートします。

■SCを支援する被害評価震災シミュレーションシステム
3.11やタイの洪水以降、製造業を初めとしてSC(サプライチェーン)のリスク管理は、憂慮すべき重要な検討項目となりました。サプライヤがどのような被害を受け、それに耐えられるのかを知る必要があります。
本システムでは、地震・津波・液状化・施設の観点から
 1)想定地震シナリオにおけるSCの想定被害(事前)
 2)発災時の各地の初期被害想定(事後)
を行いますので、事前のBCP策定指導やSC被害想定だけでなく、実際の災害時の意思決定にご利用頂けます。
セミナー 【日時】
 7月18日(金)14:00~14:40 
【タイトル】
 総務部から見たBCP作成の課題 ~被害を知れば、対策が見えてくる~
【講師】
 総務部 部長 杉本彰
【概要】
BCPの立案は、弊社総務部においても課題の一つでした。しかし、防災関連の知識が乏しいこともあり、金太郎飴的な対応で終わっていたのが実状です。
今回、3.11東日本大震災を経験し、うまく機能しなかった反省から、新たにBCP対策を再構築することになりました。
本セミナーでは、弊社総務部長が何に悩み、どのように対策をしたか、現場目線の構築事例を紹介いたします。

本展示会出展に関するお問い合わせ先

構造計画研究所 エンジニアリング営業部 児玉

TEL:03-5342-1136  FAX:03-5342-1236

↑ページの先頭へ