1. トップページ
  2. 製品
  3. 機能とシステム要件
  4. 感度分析

Oracle Crystal Ball 感度分析


目次

感度分析の概要

     複数の要因により結果が算出される場合、その結果に対して各要因の影響度合(最も影響する要因や、 結果にはあまり影響を与えない要因など)を定量的に算定する方法を感度分析といいます。 言い換えると、ある要因の値が変動した場合に結果にどれくらい影響したかを示す指標であり、 トルネードグラフやスパイダーグラフなどで見える化されることが多いです。

     感度分析を用いることで事業収益への影響度の高い要因を定量的に把握するなどプロジェクトマネジメント に広く活用されております。また、製造分野、資源エネルギー分野、研究開発分野などでも多く採用されております。

     例えば、工業製品で品質向上では製造ライン改善計画の調査分析にも感度分析を利用することで、 品質に最も影響を及ぼす工程を特定しき改善策の優先的な実施判断などを把握することが可能となります。

    sensitivity_01.png

通常の感度分析とリスクの感度分析

     実際の業務などで感度分析を用いる際には変動する要因が多数存在することがあり、 通常の感度分析では変動要因が増えるごとにシナリオを作成して結果への影響を評価する必要があります。 通常の感度分析では時間とコストがかかるため、上述したような場合には変動する各要因を「リスク」として扱い、 リスクの感度分析を行う方法が賢明だと考えられます。


  • 通常の感度分析   :  1つの要因が変動したときの結果の変動幅を見て各要因の影響度を評価する
  • リスクの感度分析  :  多数の要因の変動を総合的に見て結果への影響度を評価する
    sensitivity_02.png

リスクの感度分析

     各要因がどの程度の幅で変動するかを確率分布で定義しモンテカルロ・シミュレーションを実施することで、 結果がどれくらいの確率でどのような数値になるかを把握し、それらの結果に対する影響度を算出することが可能となります。 モンテカルロシミュレーションは、各要因の数値を確率分布に従った乱数により定義することで自動的に数千、数万回のシナリオを作成します。 シミュレーションが完了すると、要因のの数値と結果の数値にランク付(順位の設定)を行い、ランク付された数値の値を用いて 各要因と結果の相関係数より影響度を算出します。(順位相関による感度分析手法)

    sensitivity_03.png

活用してみよう!

     感度分析に「リスク」という考え方を付加することで、より定量的かつ確率的な分析が可能となり説明性が向上します。 特に事業評価や経営分析などでは不確実な要因が多いため、モンテカルロ・シミュレーションと感度分析の組合せが広く採用されております。

     Oracle Crystal Ballではリスクを考慮した分析としてモンテカルロ・シミュレーションと感度分析機能が搭載されており、 Excelにアドインされる点からも非常に利便性の高いソフトウェアです。 無料の試用版を下記よりダウンロードできますので、この機会に是非お試し下さい。

 Crystal Ball ホームページ

  • Crystal Ballとは?

  • icon-crystalball.png
  • リスク分析ソフトウェアCrystal Ballについて
  • セミナーで体験する

  • icon-seminar.png
  • 無料のセミナーを毎月開催しています
  • お見積り

  • icon-buy.png
  • 価格の確認や購入を検討中の方はこちら
  • モデル作成のご相談

  • icon-consultation.png
  • 業務で利用するためのモデルづくりをお手伝いします