1. トップページ
  2. 製品
  3. 機能とシステム要件
  4. 仮定の設定(分布の適合)

Crystal Ballにおける仮定の設定(分布の適合)


トピック

    • カスタム分布と分布の適合
    • 分布の適合の使用方法
    • 適合アルゴリズム
    • 複数セルへの一括設定

まとめ:仮定の定義(分布の適合)

    • データから確率分布を設定する ~カスタム分布~

      シミュレーションを行うとき、過去のデータがあればそれを有効活用することが肝要です。

      データから確率分布を設定するときには、カスタム分布を使用する方法が考えられますが、 カスタム分布は「過去のデータをそのまま利用する」だけですので、過去に現れていない事象は 確率分布の中に織り込むことができません。

    • データから確率分布を設定する ~分布の適合~

      「分布の適合」を使用すると、過去のデータをもとに最も当てはまりがよい確率分布を求めてくれます。

      過去のデータをそのまま使用するカスタム分布とは異なり、過去に出現いていない値やシナリオも補完する便利な機能です。

    • 複数セルに適合させる場合

      分布の適合を繰り返す必要が出てきたときは「バッチフィット」を使用すると、 複数のデータに対して一度に分布の適合を実行します。


  • スライドコンテンツ一覧

  • icon-newspaper.png
  • ほかにもスライドによる機能紹介がございます
  • セミナーで体験する

  • icon-seminar.png
  • 無料のセミナーを毎月開催しています
  • 機能一覧を見る

  • icon-specification.png
  • Crystal Ballの機能一覧とシステム要件はこちら
  • 試用版を利用する

  • icon-trial.png
  • 15日間無料でご利用いただけます