HOME > サービス > 超高層建築

超高層建築

国内・海外を代表する超高層建築物の設計に携わり経験を積んできました。これまでに培ってきた高い技術力をもとに、最新の技術を融合する事により、超高層建物の構造形式ならびに制振システムを提案し、お客様の求める空間を、安全に合理的なコストで提供するよう努めています。

実績例:六本木ヒルズ 森タワー

日常的強風から地震動まで高い減衰効果を得るため、速度依存型の粘性ダンパー(減衰可変制御型のセミアクティブオイルダンパー)と変位依存型の履歴ダンパー(アンボンドブレース)を採用し、コア部にほぼ半々、かつ対照的に配置しています。

  • 竣工:2003年
  • 階数:地下6階 地上54階
  • 高さ:241m
  • 構造種別:SRC造(柱CFT造)
  • 建築主:森ビル
  • 意匠:森ビル一級建築士事務所、KPF、入江三宅設計事務所
  • 構造:森ビル一級建築士事務所、構造計画研究所
六本木ヒルズ森タワーの外観

外観

六本木ヒルズ森タワーの工事の様子

工事の様子

六本木ヒルズ森タワーの建物モデル

建物モデル

六本木ヒルズ森タワーのオイルダンパー

オイルダンパー

六本木ヒルズ森タワーの制振デバイス配置

制振デバイス配置


実績例:東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート

スレンダーな形状のため、地震時の揺れや風圧に対する居住性確保の面から、制振デバイスとしてオイルダンパーブレースを採用しています。2~22階のコア部に8本/各層×2タワー、21層に計336本配置しています。

  • 竣工:2007年
  • 階数:地下2階 地上27階
  • 高さ:101.1m
  • 構造種別:RC造・SRC造(柱CFT造)
  • 建築主:リゾートトラス
  • 意匠:観光企画設計社
  • 構造:構造計画研究所
東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートの外観

外観

東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートの工事の様子

工事の様子

東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートの建物モデル

建物モデル

東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートのオイルダンパーブレース

オイルダンパーブレース

東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾートの制振デバイス配置

制振デバイス配置


実績例:上海環球金融中心

風や地震などの水平力に対し、3つの構造システムで抵抗しています。また90階には制振デバイスとしてAMD(アクティブマスダンパー)を2基設置しています。

  • 竣工:2008年
  • 階数:地下3階 地上101階
  • 高さ:492m
  • 構造種別:SRC造・S造
  • 建築主:上海環球金融中心有限公司
  • 意匠:森ビル一級建築士事務所、KPF、入江三宅設計事務所
  • 構造:LERA、構造計画研究所
上海環球金融中心の外観

外観

上海環球金融中心の建物上部モデル

建物上部モデル

上海環球金融中心の工事の様子

工事の様子

上海環球金融中心の91F(鋳鋼)

91F(鋳鋼)

上海環球金融中心の90F(AMD)

90F(AMD)

上海環球金融中心の構造システム

構造システム



その他の設計実績

1960年代

  • 第17森ビル(1968年 地上17階)

1970年代

  • 北砂5丁目団地(1971年 地下1階、地上25階)
  • 川口芝園団地(1972年 地上25階)
  • ホテル日航那覇グランドキャッスル(1973年 地下1階、地上20階)
  • 大洋漁業本社ビル(1974年 地上24階)

1980年代

  • 東京高等簡易裁判所合同庁舎(1983年 地下3階、地上19階)
  • 上海錦江飯店(1984年 地下1階、地上43階)
  • 浅草ビューホテル(1984年 地下3階、地上28階)
  • OUBセンター(1986年 地下4階、地上63階)
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京(1986年 地下3階、地上36階)
  • 北京シャングリラホテル(1986年 地下2階、地上24階)
  • 御殿山レジデンス(1986年 地下3階、地上25階)
  • 南千住計画(1986年 地上32階)
  • ホテルアルファトマム ザ・タワーⅠ(1987年 地下2階、地上36階)
  • ホテルオークラ神戸(1989年 地下2階、地上35階)
  • ホテルアルファトマム ザ・タワーⅡ(1989年 地下2階、地上36階)

1990年代

  • ANAクラウンプラザホテル金沢(1990年 地下1階、地上19階)
  • ヒルトン成田(1990年 地下1階、地上14階)
  • 北國新聞会館(1991年 地下2階、地上21階)
  • マニラダイアモンドホテル(1992年 地下2階、地上27階)
  • ポートサイド・アルテ横浜(1992年 地下2階、地上28階)
  • ハウステンボスジェイアール全日空ホテル(1995年 地下1階、地上15階)
  • 今治国際ホテル(1996年 地下1階、地上22階)
  • 大連香優格里拉大飯店(1997年 地下3階、地上28階)
  • 荒川区立東尾久七丁目住宅(1997年 地下1階、地上22階)
  • 浦東香優格里拉大飯店(1998年 地下3階、地上28階)
  • 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(1998年 地下6階、地上27階)
  • アエル仙台(1998年 地下3階、地上31階)
  • OAPレジデンスタワー(1998年 地下1階、地上30階)
  • ANAクラウンホテル富山(1999年 地下2階、地上19階)
  • グランドパーク小樽(1999年 地下1階、地上19階)
  • 聖蹟桜ヶ丘ビュータワー(1999年 地下1階、地上26階)
  • 川崎大宮地区B棟(1999年 地下1階、地上35階)

2000年代

  • 日本郵政グループさいたまビル(2000年 地下2階、地上28階)
  • 全日空ホテルクレメント高松(2001年 地下1階、地上20階)
  • 愛宕グリーンヒルズMORIタワー(2001年 地下2階、地上42階)
  • 愛宕グリーンヒルズフォレストワー(2001年 地下4階、地上42階)
  • 東急セルリアンタワー東急ホテル(2001年 地下6階、地上41階)
  • 板橋ビュータワー(2001年 地下1階、地上30階)
  • 晴海アイランドトリトンスクエア・アーバンタワー(2001年 地下1階、地上28階)
  • 大泉学園 ゆめりあタワー(2002年 地下2階、地上27階)
  • 安城駅前計画(北棟-B住棟)(2002年 地上25階)
  • 港南2丁目住宅プロジェクト(2002年 地下2階、地上30階)
  • グランドハイアット東京(2003年 地下2階、地上21階)
  • らびすた新杉田(2004年 地下1階、地上30階)
  • さわらびガーデンモール八幡(2004-2005年 地下1階、地上24階)
  • ソルクレスト池袋(2005年 地下1階、地上22階)
  • 浜松C街区複合(2005年 地上31階)
  • D'グランフォード浜松 D's Tower(2007年 地上34階)
  • タワー・ザ・ファースト(2007年 地上28階)
  • 池袋デュープレックスタワー(2007年 地下2階、地上27階)
  • 永田町2丁目計画(2009年 地下4階、地上29階)

↑ページの先頭へ