製品情報

RESP-D 概要

English Pamphlet

RESP-D 時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム

RESP-Dは時刻歴応答解析による設計を行う建築構造物を対象とした構造計算プログラムです。

これまでRESPが取り組んできた超高層建物・制振・免震構造に対して、設計者が抱えている様々な問題を解決し、業務の効率化と提案力の向上を図るプログラムです。企画提案から実施設計まで、設計の各工程にフレキシブルに対応できる新世代の構造計算プログラムをご提供いたします。

プログラムの概要

  • 建物モデル作成、許容応力度法による構造計算、立体フレーム非線形静的解析・動的解析、復元力特性のモデル化、質点系弾塑性振動解析、構造計算書作成、振動アニメーション作成の一連処理機能を持ちます。
  • 鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT柱、オイルダンパー、制振間柱、座屈拘束ブレース、粘性制振壁、各種免震装置に対応しています。
  • XYグリッドを基本としながらも任意建物形状(隅切り、軸振れ、節点の結合、セットバック、節点の上下移動、柱の軸回転、任意節点間の部材配置)の入力・解析が可能です。V字・Λ字形柱、水平ブレース、節点の剛床解除などにも対応しています。
  • 提案時から精度の高い応答値と躯体数量の把握が可能です。
  • RESP-F3T(3次元立体汎用解析プログラム)の入力データファイルが作成でき、RESP-F3Tを用いたより高度な解析が可能です。(例:多点入力解析など)

企画・提案から実施設計までRESP-Dだけで対応。建物モデルは常に1つ。建物モデル入力→許容応力度計算→荷重増分解析→復元力特性のモデル化→質点系弾塑性振動解析→立体弾塑性振動解析→振動アニメーション作成

開発・サポート体制

  • RESP-シリーズの開発およびユーザサポートは、(株)構造計画研究所 建築構造工学部が担当します。
  • サポートには、開発担当者のほか、解析経験・設計経験豊富なメンバーも携わります。
  • RESP-Dは、超高層オフィスビル・超高層住宅・免震倉庫等の実施設計および電力施設の制振補強解析等で、数多くの使用実績があります。
  • RESP-D,F3Tでは各社様向けのカスタマイズも承っております。独自に開発された工法・設計法をRESP-Dに組込み、限定された利用者にお使いいだくことも可能です。

RESP-D カスタマイズについての詳細はこちら

特典

RESP-Dは、立体フレーム非線形動的静的解析プログラムRESP-F3Tの保守契約ユーザー様には無償提供(1ライセンス、保守料別)いたしております。RESP-F3Tも合わせてご覧ください。

RESP-F3Tの詳細はこちら

オプション

  • 杭応答変位法

杭応答変位法オプションがリリースされました。2019年6月末までキャンペーンも行なっております。

杭オプションキャンペーン


また、RESP技術ブログでも詳細を紹介しております。

RESP技術ブログへ
http://resp-kke.azurewebsites.net/2019/02/06/resp-d-pile-option/

機能追加状況

※備考の「U」はユーザーサポートに頂いた要望への対応を表します。

時期 項目 機能 備考
2018.3 入力関連 鉄骨裏サイズを追加しました。
鋼板壁に対応しました。
大梁を軸をまたいで配置する場合に途中に交差する部材がある場合には自動で分割する操作オプションを追加しました。
部材ごとに減衰を設定する場合に剛性比例減衰指定固有周期も指定可能にしました。
解析モデル において上下動用に大梁を分割する機能を追加しました。
材料個別指定において柱の柱頭・柱脚に異なる材料を指定する機能を追加しました。
材料個別指定において充填コンクリートのみコンクリート材料を指定する機能を追加しました。
接合部の終局検定において大梁を存在応力を用いて検定する機能を追加しました。
壁リストで強制的に耐震壁とする、非耐震壁とする指定を追加しました。
免震部材 ブリヂストン弾性すべり支承 STタイプを追加しました。
ブリヂストン弾性すべり支承 SKタイプを更新しました。
オイルダンパーのリリーフ荷重の特性変動値設定に対応しました。
免震部材に初期応力倍率を指定する機能を追加しました。
せん断補強筋 岸和田金属の高強度せん断補強筋 KH685、SABTEC評価 15-02 MSRB-0087に対応しました。
岸和田金属の高強度せん断補強筋 KH785、GBRC評定 第10-10号改 平成23年9月27日 MSRB-0061に対応しました。
計算書 検定比図に上端引張、下端引張を併記する出力指定を追加しました。
余裕率図において応力成分ごとに表示/非表示を設定できる機能を追加しました。
CSV出力 Q-δ曲線のcsv出力でステップ、荷重倍率を出力するようにしました。
Q-R曲線のcsv出力に対応しました。
一本部材に関する配置情報を csv出力するようにしました。
免震支承材の二次応力(軸力)のcsv出力に対応しました。
その他 解析所要時間を表示する機能を追加しました。
層の最大応答値を画面上で確認する機能を追加しました。
RESPシリーズ 動画配信中
メールマガジン配信中
三次元骨組構造解析 ソフトウェア・パッケージ STAN/3D
解析部門ホームページ