構造計画研究所では、PTV製品に関する様々なコンサルティング業務を行っております

シミュレーションモデル作成 Visum、Vissim、Viswalkのモデルファイルを作成します。 交通量の入力は行わず、ネットワークのみの作成など、一部分のみを承ることも可能です。
価格や納期については、構造計画研究所PTV担当(ptv-vision@kke.co.jp)までお問い合わせください。
分析業務 シナリオ作成、シミュレーションモデルの作成、シミュレーション実行、結果分析、報告書作成などを一貫して行います。 シミュレーション業務の成功には、シミュレーションモデルの精度だけではなく、シナリオや評価指標、結果をどのように見せるかなど、多くの要素が重要となります。 構造計画研究所ではこれらの要素の検討段階から参画することで、満足度の高いシミュレーションを実現します。
価格や納期については、構造計画研究所PTV担当(ptv-vision@kke.co.jp)までお問い合わせください。
他システムとの
連成コンサルティング
交通シミュレータ以外の"既存システム"とPTV製品を連成したシステムを構築します。 "既存システム"をVissimやViswalkと連成させることで、"既存システム"が現実に近い交通流の中でどのように振る舞い、交通流にどのような影響を与えることができるかを評価・検討できます。
詳細はこちらをご覧ください。
Vissim関連ツール開発 Vissimに関連する各種ツールの開発を行っております。
詳細はこちらをご覧ください。
3D形状モデル販売/変換サービス Vissimモデルファイル(inpx)と、inpxファイルと同じ道路ネットワークの3D形状モデルファイルを提供します。
3D形状モデルファイルの形式はVissimで利用可能なv3dファイル他、maxファイル、3DSファイル、 DWGファイル、DXFファイル、mtlファイル、objファイルなどから選択いただけます。
現在販売中もモデルの詳細はこちらをご覧ください。
また、お客様が保有するinpxファイルから3D形状モデルファイルを作成する変換サービスも承っております。
価格や納期については、構造計画研究所PTV担当(ptv-vision@kke.co.jp)までお問い合わせください。
各ソリューションの価格や納期については、構造計画研究所PTV担当(ptv-vision@kke.co.jp)までお問い合わせください。