• 交通需要予測

     

    広範囲の交通需要をシミュレートすることで、交通施策の検証・検討を行います。 古典的な四段階推定法から複数の交通機関を組み合わせたトリップの考慮や、アクティビティベースのモデリングなど精緻な需要予測モデルを作成することも可能です。

  • ミクロ交通シミュレーション



    複数のモード(人と車、電車、自転車など)の相互影響を考慮可能なミクロ交通シミュレーションソフトウェアを用い、 歩行者、自転車、自動車、バス、タクシー、短距離列車、長距離列車などを考慮した複合的な交通シミュレーションを実現します。

  • コンサルティング



     構造計画研究所では交通流シミュレータのモデル開発、及び関連する交通コンサルティング業務を行っております。

    詳細はこちら