事例 製品

オペレーションズ・リサーチって何?

戦闘機

オペレーションズ・リサーチ(以下OR)はもともと、第二次世界大戦中にイギリスが軍事研究として使ったのが始まりとされています。

オペレーションは作戦、リサーチは検証、という意味です。互いに干渉しあう複数の作戦が最適な方法で、効率的に実行可能かどうか、リサーチ、つまり検証する、そういう目的で使われ始めた科学でした。様々な環境、次々に変化する状況において、 数学や統計学を用いた数理的なモデルに落とし込み、分析することで最適なアプローチを導きます。
もちろん、現代では戦争だけではなく、ビジネス学術研究、あらゆる場面、あらゆるオペレーションの検証にORは使われるようになりました。

ORは、どう役立つか?

これまでは、理論上では解ける問題であってもその規模によっては多くの計算が必要となり、高速なコンピュータを用いたとしても現実的な時間では解けないことがありました。
しかし近年では、コンピュータの飛躍的進歩により多くの問題が解けるようになってきています。
このため、複雑化する現代社会において様々な分野でORが利用される場面が増えてきています。

貨物船

私たち、オペレーションズ・リサーチ部(以下OR部)では、「設計、製造、物流」「情報通信」「インフラストラクチャー」などを中心に、多様な分野でORによる問題解決を行ってきました。
世界各国で積み上げ、積み下ろしをする貨物船に、いかにしてたくさん、しかも効率よく、そして重心を安定させて貨物を積むことができるか。工場に設備投資をする際、ボトルネックを解決し、全体の生産性を上げるためには、どうしたらよいのか。
また近年では、サービス業のシフトスケジューリングなど、属人的要素の多い分野に対して、ORを適用した解決策を見出す等、解決できる問題は拡大しています。

こんな所にもORは使われています

乗換システム

OR部の歴史

日本で最初にORが使われたのは戦時中であり、1957年に日本OR学会が設立します。

ダム

株式会社 構造計画研究所(以下KKE)では、1974年にOR部の前身であるOR研究室が誕生します。 きっかけは、会社設立当初よりコンピュータ技術に特化した会社として評価頂いていたお客様からの“将来起こりうるかもしれない事象への悩み”について、ORの中のシミュレーションを用いて解決してはどうか、と提案し、その結果に評価頂けたことでした。 このような悩みは他業界にもあり、情報通信分野のお客様、そして製造分野のお客様へと私たちが提案するORを用いた解決策を評価頂けたことが機となり、年々多くの分野のお客様から御相談頂くまでになりました。
御相談頂く内容には、“ORを用いると良い解決策があるはずだ”というものばかりではなく、”なんとかして求められないだろうか?”と言った場合もあります。

サプライチェーン

そのような場合においても、ORにある数理計画法、確率モデル、待ち行列、スケジューリング、DEA(*)、シミュレーション等、を用いてお客様に見合った最適な解決策を提案して参りました。
このように私たちOR部では、皆さまに応じた”最適”を実現するために、ORを用いたソリューションを提供しています。 そして、お客様の抱えている悩みに対して、KKE内部の様々な業界のエキスパートと協力し、より広い視点で最適な解決策を検討していくことで、他にはない付加価値の高いソリューションを提供することができます。

KKE各部門とOR部の連携について

*…DEA (data envelopment analysis):経営分析手法の一つ。 最も優れたパフォーマンスを示した事業体(企業)を基に“効率的フロンティア(最小分散境界上で同一のリスクのもとにおける、最大の期待収益率をもつポートフォリオの集合のこと)”を計測し、このフロンティアを一つの指標として他の事業体の業績評価、効率値を測定する方法論のこと。

お問合せ画面
Webフォーム入力