事例 製品

KKE/ShiftMaster シフトスケジューリングソリューション

勤務表作成 売り場毎の来店傾向に合わせた勤務シフトを作成

お客様の抱える問題点とOR部による解決

ピーク時間に十分な接客時間がとれない →  来客繁閑に応じたシフトスケジューリングにより接客品質を向上

サービス業

お客様の来店傾向は売場特性(ターゲット顧客、商品属性、等)や時間帯により様々です。
来店されたお客様にいつでも一定品質のサービスを提供するためには、限られたスタッフを 来客繁閑に応じて配置する必要があります。
暇な時間に必要以上のスタッフがいることで忙しい時間が人手不足となるのです。
そこでPOSデータ分析およびカメラセンサーによる顧客行動分析により売場ごと・時間帯ごとの来客パターンを抽出。 各売場について来客繁閑に応じたスタッフ配置を実現しました。


属人的な『最適』シフト計画→   シフト計画作成条件を整理し標準化

サービス量イメージ

売上向上のためには来客繁閑に応じたシフト計画が必要ですが、 その他にもシフト計画作成時に考慮すべき条件はたくさんあります。
労働基準法や社内規定などの一般的な条件はもちろん、開閉店業務に必要な人数など売場ごとに固有の条件もあり、 さらにそれらの条件は相反する場合も多く、その優先順位は属人的な判断に委ねられていました。
『最適』なシフト計画が作成者によってバラバラだったのです。
そこで@シフト計画作成条件の棚卸し、A目的に応じた条件整理、B優先順位の定義、により作成条件を標準化。 誰が作成しても同じ『最適』シフトを作成できるようになりました。

解決までの手順

導入コンサルティング。『最適』なシフトとは?

様々な制約条件をヒアリング等により抽出し、適用範囲や優先度に応じて整理することで 、属人的な条件を排除し、全社基準となる条件を定義します。

カスタマイズ開発。現場が『使える』システムを。

利用者イメージ

いくら『最適』なシフト計画が自動で作成できても、 現場の負荷が増大してしまうシステムでは意味がありません。 シフト表レイアウト変更やユーザーインターフェース拡張、既存システムとの連携機能追加など、 現場にとって『使える』システムにカスタマイズすることにより、サービス品質向上と現場満足度向上を両立します。

ニュースリリース

丸井グループ(売場スタッフの最適配置を行い、勤怠管理システムとも連携)

関連事例


テーマ 事例
勤務表作成 売り場毎の来店傾向に合わせた勤務シフトを作成
点検業務における出張移動時間先を考慮した勤務シフトの作成
来店客数予測 来客数を把握した適切なサービスの提供を実現
作業分析 作業毎の標準時間を把握し、業務を効率化
リスク評価 投資判断のための事業リスクの定量化を実現

お問合せ画面
Webフォーム入力