構造解析

  • 建築構造解析プログラム
    RESPシリーズ
  • 3次元任意形状フレーム構造解析ソフトウェア
    STAN/3D
  • 建設用構造解析システム
    midas Gen, midas FEA
  • 汎用構造解析プログラム
    RESP-T
  • 汎用有限要素法構造解析システム
    ADINA
  • 鉄道構造物等の3次元耐震性能照査プログラム
    Dars
  • 鉄道構造物等の耐震性能照査プログラム
    ASCARS
  • 対話式部材性能評価プログラム
    INCEC/RS
  • 杭の応答変位法プログラム
    k-PILE
  • 車両走行振動解析プログラム
    DALIA

鉄道構造物等の耐震性能照査プログラム ASCARS

画面イメージ

ASCARSは「鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計(平成11年10月)」に準拠して、橋脚および高架橋の耐震性能(部材の損傷レベル)を照査するプログラムです。
ASCARSでは鉄道構造物全体を2次元の骨組み構造としてモデル化し、非線形スペクトル法または時刻歴動的解析法により地震動に対する応答値を算定し、部材毎の損傷レベルを求めます。

特長

会話形式・画面表示

データは会話形式で入力し、入力したデータはその都度画面で確認ができます。充実したデータチェック機能と合せ、データの入力漏れや誤入力を防ぎます。

解析モデルの自動生成

標準的な橋脚・高架橋は設計図書レベルの情報を入力すれば、解析モデル・データはプログラムが自動的に生成し、安定した結果を得ることができます。

新耐震設計標準に準拠した解析・照査

『鉄道構造物等設計標準・同解説 耐震設計(平成11年10月)』に準拠した解析・耐震性能の照査を行うことができます。

機能概要 Ver3.1.1

  • 対象構造形式
    • 単独橋脚
    • ラーメン高架橋
    • 任意形状構造物
  • 基礎形式
    • 部材の配置・基礎形式および節点座標を直接入力して任意形状の構造物を解析できます。
    • 直接基礎
    • 杭基礎
    • バネ直接入力
  • 対象部材
    • RC(矩形・円形・T型・小判・任意形)
    • SRC(矩形・円形・T型)
    • S(矩形・円形)
    • CFT(円形)
    • 非線形特性直接指定
  • 計算機能
    • プッシュオーバー解析
    • 非線形スペクトル法による応答解析
    • 動的非時刻歴非線形応答解析
  • 出力
    • 入力データの整表出力(テキスト形式)
    • 部材の非線形特性(CSV形式)
    • 部材毎の損傷レベル・照査結果総括表(画面)
    • 変形・応力・履歴図(画面)

製品・運用環境・価格

製品 インストールCD、利用者マニュアル、理論マニュアル、ハードウェアプロテクト
運用環境 OS 日本語Windows
CPU PentiumⅡ以上
メモリ 64Mb以上推奨
HD 100Mb以上
価格 フル機能 \3,150,000(年間保守 \420,000)
機能別オプション プラットホーム:単独橋脚 \840,000
(年間保守 \105,000)
ラーメン高架橋 \1,470,000
(年間保守 \168,000)
任意形状 \420,000
(年間保守 \52,500)
時刻歴動的解析 \840,000
(年間保守 \105,000)

* 導入後半年間は無償で技術サービスを行います。
* ASCARSプラットホームは必須です。プラットホームでは標準的な単独橋脚を対象として、準備計算、プッシュオーバー解析、非線形スペクトル法による地震応答解析、部材レベルの耐震性能照査、応答変位法による解析が可能です。
* ASCARSは(財)鉄道総合技術研究所と(株)構造計画研究所との共同開発によるものです。
* 表記の社名及び製品名等は、各社の登録商標または商標です。

↑ページの先頭へ