HOME > サービス > 災害のリスクマネジメント

災害のリスクマネジメント

災害シナリオの想定

災害が発生したときに、どのような被害が、どの程度発生するかを予め想定することは、適切な災害対策を構築するために非常に重要です。

災害リスクマネジメントソリューションは、そのような観点から、新規施設の建設計画・リロケーション・事業継続計画(BCP)策定等を効率的にサポートするものです。このソリューションでは、各地域に脅威をもたらす多様な自然災害シナリオを、それぞれの発生確率や被害程度に基づき定量的に比較でき、災害シナリオの特定や共有のほか、災害対策のトータルコスト削減にも有効です。また、不動産売買・地震保険契約の検討に必要な地震PML値も同時に評価可能です。

弊社では、この災害リスクマネジメントソリューションを、地震防災情報システムや各種シミュレーション技術を駆使して提供しております。専門知識は分かり易く図表で解説し、意思決定プロセスを円滑に進めるお手伝いをいたします。


災害リスクマネジメントソリューションの例

被害予測例

地震

周辺で発生する可能性のある震源を整理し、発生した場合の地域の揺れや液状化の可能性、建物・収容物の被害程度や復旧期間を予測します。

また、交通等ライフラインについても、情報をご提供します。

浸水

河川氾濫・内水氾濫・高潮・津波による浸水リスクを分析し、施設・ライフラインの被害程度や復旧期間を予測します。

落雷

過去の落雷状況を分析し、モンテカルロシミュレーションにより対象施設の直撃雷・誘導雷・瞬時電圧低下の可能性を検討します。

台風

過去の台風記録を分析します。施設の台風被害の可能性のほか、交通等ライフラインについても情報をご提供します。

関連ソフトウェア

  • 地震防災情報システム Quiet-J

    ※Quiet-Jは 東京工業大学 翠川三郎教授、横浜市 総務局 災害対策室 との共同開発です。

  • 準リアルタイム地震被害シミュレータ 防災情報ナビ

↑ページの先頭へ