Remote Guideware 遠隔地間で技・知恵・経験を共有

アイティーアイ

R&Dコーナー

資料請求・お問い合わせ

構造計画研究所

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせ

最新情報

【2015年5月13日~15日】
第5回 スマートフォン&モバイルEXPO(東京ビッグサイト)に出展いたします。
【2014年11月12日~14日】
第28回 メンテナンス・テクノショー(東京ビッグサイト)に出展いたします。
【2014年3月13日】
「ネットワークアプリケーション技術に関するシンポジウム」にて先進的通信アプリケーション開発に関する研究成果発表を行いました。
【2013年12月8日】
第20回 テストベッドネットワーク推進ワーキンググループ会合にてJGN-Xを活用したRemote Guidewareの研究開発プロジェクトの紹介をしました。
【2013年11月17日】
東京都北区赤羽北1丁目で発見された不発弾処理現場にて防災機関を始め避難所や報道機関への情報配信にRemote Guidewareが活用されました。
【2013年8月7日】
総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業「重点領域型研究開発(先進的通信アプリケーション開発型)」にてRemote Guidewareを活用した研究課題が採択されました。
【2013年5月15日~17日】
第17回 自治体総合フェア2013(東京ビッグサイト)に出展いたします。
【2013年5月8日~10日】
第3回 スマートフォン&モバイルEXPO(東京ビッグサイト)に出展いたします。
【2013年3月13日】
北区 子ども避難訓練にてRemote Guidewareが活用されます。
【2012年10月24日~26日】
『第2回 スマートフォン&モバイルEXPO(幕張メッセ)』に出展いたします。
【2012年10月14日】
豊島区 帰宅困難者対策訓練にてRemote Guidewareが活用されます。
【2012年10月14日】
北区 帰宅困難者対策訓練にてRemote Guidewareが活用されます。
【2012年5月9日~11日】
『第2回 スマートフォン&モバイルEXPO(東京ビッグサイト)に出展いたします。【終了】
【2012年4月下旬】
Androidタブレットに対応したバージョン1.7をリリースします。
【2012年2月3日】
東京都 帰宅困難者対策訓練にてRemote Guidewareが活用されます。
【2012年2月2日~3日】
『第16回 震災対策技術展』(パシフィコ横浜)に出展します。【終了】
【2012年1月23日】
日経コンストラクション(日経BP社刊)2012年1月23日号にて紹介されました。
【2011年11月21日】
ケンプラッツ(日経BP社)クラウドが実現する建設・不動産の事業継続(BC)にて紹介されました。
【2011年9月22日】
ニュースリリース:「作業遠隔支援システム「Remote Guideware」のスマートフォン対応版をリリース
【2011年9月30日】
予防保全・災害対策セミナーを開催いたします。
【2011年5月31日】
Smart Guidewareの無償提供を開始しました。
【2011年4月19日】
無料ハンズオンセミナーを開催いたします。(5/13大阪、5/19名古屋、5/20東京)【終了】
【2011年4月19日】
ニュースリリース:震災復興支援として、ARによる遠隔コミュニケーションツールSmart Guidewareを無償提供

リモートガイドウェアPDF

ダウンロード

構造計画研究所

Remote Guidewareは遠隔地にいる作業者の目と音を画面で共有し、 遠隔地から作業支援を行うためのシステムです。

例えば、

これまでは現場でトラブル等が発生した際に、

  • 時間と経費をかけてベテランが
    出張していた
  • 電話で問い合わせても微妙な
    ニュアンスが伝わらずに困っていた
  • 資料を探すなどの手間をかけ、
    スピーディに対応できなかった

等の課題がありました。

これまでは現場でトラブル等が発生した際にの図

Remote Guidewareを導入した場合のメリット

  • ベテランの遠隔支援により、
    現場に近い人が対応する往復回数を減らす、または人数を減らせる
  • 目、音で共有する事でより具体的な
    コミュニケーションが可能
  • 会話のポイントや作業履歴を蓄積し、
    今後の作業を円滑に

Remote Guidewareを導入した場合のメリットの図

Remote Guidewareを使いながら作業履歴、コミュニケーション履歴、 その他現場の様々な情報を蓄積することで、業務管理・分析ツールとしてより価値の高い情報利用の実現をサポートします。
※本製品の一部機能は、H25年度 総務省 開発推進事業「先進的通信アプリケーションの開発」の資金により開発しました。

ご活用による付加価値向上とは

Remote Guideware 6つの特長

現場で使いやすいユーザーインターフェース

 

複数の現場と同時通話

わかりやすいアイコンで直感的な操作を実現しました。タブレットタイプの端末を使えば、現場でもキーボードを使うことなく簡単に操作ができます。

 

遠方の多地点にいる複数の人が同時にコミュニケーションできます。標準で5つの「ルーム」を用意していますので、地域ごとや現場ごとにグループを作ることができます。

 

様々なコミュニケーション手段

 

データベースに自動で記録

映像、静止画、音声、テキスト、図面共有など、状況に応じて様々なコミュニケーション手段を活用できます。

 

画面に書き込んだテキストや録音・録画データ、静止画等は自動的にデータベースに保存されるため、会話のポイントや作業履歴を残すことができます。

 

業種、業態に応じて端末を選択可能

 

無線LAN、3G回線に対応

様々な市販品の中から、業種・業態に合わせた最適なものをお使いただけます。

 

拠点に設置された無線LANターミナルを使って通信できるだけでなく、3G回線にも対応しているため、屋外の現場でも通信が可能です。Remote Guidewareの帯域を1Mbpsに制限しているため、回線が細い場合でも良好な通信が可能です。